1年生を迎える会

4月24日、児童会主催による「1年生を迎える会」が行われました。

まずは、2年生から6年生までのお兄さんお姉さんたちが拍手で迎えるなか、1年生の入場です。6年生、5年生におんぶされた1年生20名、みんなニコニコ笑顔です。

  

児童代表の挨拶のあと、ジャンケン名刺交換、その後、猛獣狩りに行こうよ、○×クイズへと続いていきます。プログラムは1年生から6年生まで誉田っ子全員が、楽しみながら参加しやすいように工夫され、2年生から6年生までのお兄さんお姉さんたちも、1年生のみんなにしっかりと楽しんでもらおうという気持ちに満ちあふれていました。

○×クイズのラストは、「M1先生はM2先生より走るのが速い。○か×か?!。」誉田小学校が誇る韋駄天(スーパーカー)、M1先生とM2先生の頂上対決。1年生を迎える会は、子ども達ばかりでなく、先生方も一体となって盛り上がりました。

見守りボランティアお礼の会

 3月14日、見守りボランティアの方々への「お礼の会」がありました。毎朝の登校や放課後の見回りなど、みんなが安全に安心して過ごせるように、地域の方々が見守ってくださっています。この一年間、子どもたちが大きな事故もなく過ごせたことをうれしく思います。その時のお話に、「みなさんが元気よくあいさつしてくれる。」ということがありました。自分から気持ちのよいあいさつができるって、すばらしいことですね。これからも、感謝の気持ちをあいさつで表しましょう。

 

6年生を送る会

3月8日に6年生を送る会がありました。1年生は、勇気100%の替え歌にのせてのメッセージ。2年生は、じゃんけんゲーム。3年生は、ドラえもんの出演者に仮装してのダンス。4年生は、あっちむいてホイ。5年生は、6年生の6年間を振り返った劇。どの学年も心のこもった出し物でした。最後に、6年生からお礼のリコーダー奏と自分たちで縫ったぞうきんのプレゼントがありました。企画した5年生も立派でした。よき誉田小学校の伝統を受け継いでくれていることに感心させられました。6年生のみなさんは、在校生の思いを胸に中学校生活に向かって大きく羽ばたいていってくれればと思います。

新1年生を迎える会

2月27日に4月に入学してくる新1年生を迎えて交流会をしました。前半は、1年生との交流です。4月から1年間の学校生活の様子を劇で紹介したり、新1年生の子に楽しんでもらえるように読み聞かせや昔遊びを考えて交流しました。入学して1年が経ち、みんなお兄さんお姉さんとして、しっかりと取り組んでいました。後半は、5年生とのなかよし給食です。初めての小学校の給食でした。楽しくお話をしながら食べました。5年生も、じゃんけんをして遊んだり、片付け方を教えたりして、最上級生になる自覚が感じられました。4月には、20人の新1年生が元気に入学してくれることと思います。

全校なわとび集会

2月20日に全校児童によるなわとび集会がありました。学年によっては、この日に向けて、冬休みに練習したり、体育の時間や休み時間を使って練習したりとがんばってきました。個人としてチャレンジするのは、2種目選んでする1分間跳びと、得意な跳び方での3分間跳び。3分間跳びでは全校で10人あまりの子が最後まで跳び続けました。体力のすごさに驚かされました。後半は、学年ごとの大なわ跳びです。ひっかかってもいいので5分間で何回とべるかをチャレンジしました。多いグループは350回以上も跳んでいました。まわす人と跳ぶ人みんなが心をひとつにしないとできないことです。跳び終えた後の「やったー。」の声。跳べたという達成感。みんなで協力してできたという満足感。また、ひとついい経験ができたと思います。

最後の授業参観

2月15日に今年度最後の参観授業がありました。どの学年も真剣に学習に取り組んでいました。一生懸命に目標をもって学習課題に取り組んでいる姿から学年がひとつ上がっても大丈夫だなと再認識しました。授業参観後、PTA臨時総会があり、来年度のPTA役員さんが承認されました。臨時総会後、最後の学年懇談会。PTAのみなさん、一年間ありがとうございました。子どもたちは、今年度も学校に来る日が少なくなりました。しっかりと学年のまとめをしていきたいと思います。

昔の道具体験 3年生

1月26日に、3年生は、昔の道具体験をしました。醤油資料館で、昔の醤油づくりについて、実際に使われていた道具とともに学びました。また、龍野文化歴史資料館では、日本の灯りの歴史を教えていただいたり、そうめんづくりを体験させていただいたり、昔の道具を手にとって使わせていただいたりしました。子どもたちは、昔の人の知恵によって作られた道具に感動し、「また来たい。」と笑顔で感想を述べていました。

昔あそび 1年生

26日に、おじいさんやおばあさんと一緒に昔あそびをしました。『はねつき、こま、お手玉、けん玉、めんこ、あやとり』をしました。水曜日に一度自分たちで遊んでみましたが、遊び方が分からなかったり、上手にできなかったりと子どもたちは少し冴えない表情を浮かべていました。しかし、おじいさんやおばあさんがわかりやすくていねいに教えてくださったおかげで、昔あそびを時間いっぱい楽しむことができました。すばらしいお手本を見せていただき、子ども達の目もキラキラと輝いていました。また、この遊びを通して、おじいさんやおばあさんとたくさん会話をしながら活動することができ、子どもたちも心が穏やかに楽しむことができました。

雪いっぱい 5,6年生 スキー教室

 1月25日(木)スキー教室がありました。ずっと雪は降っていましたが、新雪のふわふわの雪の上で無事に実施することができました。初めてスキーをした子も、時間が経つにつれてどんどん上達し、リフトで上にのぼり、下りてくることもできました。久しぶりだった子も、斜面の練習と1回目のリフトで慣れてくると、何回も挑戦する人が増え、どんどん上達しスキーを楽しみました。

避難訓練

 1月24日に避難訓練がありました。たくさんの被害者を出した阪神・淡路大震災から23年。  今回は、地震の避難訓練でした。「災害はいつ起こるかわからない」ではなく「災害は必ず起こる」という考え方で、これからの避難訓練にも取り組んでほしいと思います。また、お家でも、災害が起きたとき、どこに避難するかなどを話し合ってください。