学校訪問授業「福祉学習」

14日金曜日に福祉学習がありました。6年生が、西はりまグリーンホームの施設長さんに「福祉のこころ」のお話を聞かせていただきました。福祉とはどういうことかや福祉施設で働く人の思いを聞きました。また、誰もが幸せに暮らせるたつの市・誉田町をつくっていくために、自分たちにできることも考えました。

アミーゴタイム

14日金曜日、1,2年生の異文化体験として、体育館でアミーゴタイムを実施しました。市教委と市の多文化共生サポートセンター、保護者の方々に協力していただき、今回は主にペルーの言葉や生活、歌、有名な遺跡、食べ物についてクイズやお話を通してたくさん学びました。子ども達は、日本の文化と比べながら、興味津々に聞いていました。ペルーのエケコ人形にも登場していただき、「エケコ人形に自分がほしい物を持たせると、願いがかなって手に入る」ということで、子どもたちはほしい物を紙に書いて、エケコ人形役の講師の方に貼り付けました。最後にはみんなでOLA!!」のダンスを踊って楽しく過ごしました。

「平和」をテーマにした読み聞かせ

読み聞かせグループのテクテクさんが来てくださり、低学年と高学年にわかれて、「平和」をテーマにした本を2冊読み聞かせてくださいました。「火垂るの墓」は、長いお話でしたが、登場人物になりきった会話や地の文の読み方を工夫して読んでくださったので、みんなお話の世界にひたって聞くことができました。悲しいお話でしたが、戦争の恐ろしさや平和のありがたさがわかったと思います。72年前というと子どもたちには遠いことかもしれませんが、戦争について学年にあった平和学習のいい機会になりました夏休みには戦争についての番組などを見る機会があると思います。平和について家庭でも話をしていただけるといいですね。   

サイバー犯罪防犯教室実施

7月12日夜、保護者対象の地区懇談会がありました。 サイバー犯罪防犯教室として兵庫県警察本部サイバー犯罪対策課の方に来ていただき、インターネット上への個人情報記載やコミュニティサイトに潜む危険などを知り保護者の情報モラルの意識の向上をめざしました。   スマホが電話ではなくパソコンであり、使い方を間違うと恐いことを子どもにどう教えていくか、どのように子どもの携帯をチェックしていくか、いろいろと考えさせられた2時間でした。