5・6年生 笹山登山 (7月3日)

5年生は「自然学校での氷ノ山登山に向けて足慣らしをしよう。」6年生は「誉田町の宝を知ろう。」それぞれの目的をもって、笹山登山にチャレンジしました。

毎年実施している誉田町ウォークラリーで訪れるにはちょっと遠くて、そのコースには笹山の女明神・男明神は入っていません。しかし、そこは校歌の2番にも「名所古跡をたずぬれば、・・・ 奇岩笹山 ・・・」と歌われる誉田町が誇る名所です。

沖縄慰霊塔の横をぬけ、山道をしばらく登ると大きな岩のかたまりが現れました。女明神です。その岩に登ると、眼下にすばらしいパノラマが広がります。そして、途中、ブランコを楽しんだりしながら、男明神に到着。またまたすばらしい景色に疲れも吹っ飛びます。帰りは、西播磨リハビリテーションセンターの脇を抜け、無事帰校。2時間コースの楽しい登山となりました。