動物愛護教室(1年生)

dscf76221月26日(木)動物愛護協会から2名、ボランティアとして犬の飼い主の方3名、4匹のかわいいわんちゃんに来てもらい、動物愛護教室がありました。まずは、みんなの心臓の音・犬の心臓の音を聞きました。そして、同じように命があるということ、友だちにも動物にもされていやなことはしないということを聞きました。次に、しらない犬に出会ったときにどうするかや、犬とのふれあいたいときはどうするか、犬の散歩の仕方や持って行くものについて教えてもらいました。最後には、来てくれたわんちゃんたちとふれあう時間があり、飼い主の方のお話を聞いたり、わんちゃんをさわったりしました。犬とふれあうことで、命の大切さについて考えるきっかけとなりました。